ワキガ対策の全体像

「ワキコレ ~ワキガ対策ならコレ!を集めたサイト~」では、ワキガで20年以上悩む管理人が、これまでに試行錯誤してきた話をまとめています。

ワキガ対策を簡単にまとめると、次のような方法があります。

食べ物を変える

<おすすめ度:C>
食べ物がワキガの症状に影響を与えるという話は多いのですが、これについては科学的なデータがあるわけでもないので、実際のところは分かりません。私の実体験からしても、あまりはっきりとしたことは言えないというのが正直なところです。

ワキガと食べ物の関係についてはこちらのページをご覧ください。

運動をする

<おすすめ度:C>
運動をすることで汗をかきますので、それがワキガの症状の改善に効果があると言われています。これも、食べ物と同じで効果を実感するのが難しいです。

ワキガと運動の関係についてはこちらのページをご覧ください。

手術をする

<おすすめ度:B>
ワキガの臭いの原因は、汗腺の1つであるアポクリン汗腺の分泌物を、皮膚の表面にいる常在菌が分解することと言われています。

手術でアポクリン汗腺を取り除けば、臭いの発生元がなくなるので治るのかもしれませんが、手術は失敗することや副作用もあると言われていますので、なかなか踏み切れないのが現状です。

ワキガ手術についてはこちらのページをご覧ください。

注射をする

<おすすめ度:B>
ワキガ治療のための注射と言えば、ボトックス注射です。

ボトックス注射はある程度、効果があることは間違いないのですが、比較的程度の軽い人向けの治療法と言えます。

ボトックス注射について詳しくはこちらのページをご覧ください。

デオドラントを使う

<おすすめ度:A>
デオドラントには、主に市販されている制汗剤と、わきが対策専用に開発されているクリームがあります。

一般論ですが、薬局などで買える制汗剤は、あまり強い効果が期待できません。わきが対策専用に開発された商品は、やや高いですがそれなりの効果が期待できるというのが実感です。

ワキガ対策専用のクリームはやや高いですが、それなりの効果が期待できます。手軽さと効果のバランスを考えると、これが一番、現実的でとりあえず試してみる価値が高い対処法であると言えます。

ボデイソープを変える

<おすすめ度:B>
わきが対策用のボデイソープ・石鹸が多数、市販されていますので、それを使ってみるというのも1つの方法です。

洋服を変える

<おすすめ度:A>
わきがの臭いが服の外に出にくい商品がありますので、それを着ます。

脱毛をする

<おすすめ度:C>
脱毛をしたらワキガが治るわけではありませんが、毛に雑菌が繁殖しやすいので、脱毛をすると臭いの軽減につながります。

汗を拭く

<おすすめ度:B>
汗をかいたらこまめに拭くというのも1つの方法です。あせワキパットなどを利用するのも良いです。

入浴の仕方を工夫する

<おすすめ度:C>
半身浴や手足のみ、湯船に浸かるのも効果があると言われています。